【最良執行方針】

この最良執行方針は、金融商品取引法第40条の2第1項の規定に従い、お客様にとって最良の取引の条件で執行するための当社の方針及び方法等を定めたものです。

当社では、お客様から国内の金融商品取引所市場に上場されている有価証券のご注文を受託した際に、以下の方針に従い執行することに努めます。

1.対象となる有価証券
国内の金融商品取引所市場に上場されている株券、新株予約権付社債券、ETF(株価指数連動型投資信託受益証券)及びREIT(不動産投資信託の投資証券)等で、金融商品取引法施行令第16条の6に規定される「上場株券等」のうち、当社が取扱対象銘柄として指定したものとなります。
なお、当社におきましてはフェニックス銘柄である株券及び新株予約権付社債券で、金融商品取引法第67条の18第4号に規定される「取扱有価証券」は原則としてお取扱いしておりません。

2.最良の取引の条件で執行するための方法
当社では、上場株券等に係る売買注文は、店頭取引で執行するか、委託注文として執行するかをお客様からご指定いただき、その指定に従って執行いたします。
当社は、委託注文の場合、国内の金融商品取引所市場として東京証券取引所、PTSとしてチャイエックス・ジャパン株式会社のPTSでの執行を取扱います。
なお、売買単位に満たない場合等、金融商品取引所市場等の売買立会の取扱いが無い場合は、全て店頭取引での執行となる為、執行方法を指定することはできません。

①店頭取引で執行する場合
店頭取引での執行をご指定された場合は、お客様からいただいた上場株券等の売買注文は、すべて当社との間での相対取引(市場外売買)において、お客様と合意した方法及び条件により注文を執行いたします。なお、当社が店頭取引を取扱う銘柄に限ります。

②金融商品取引所市場等で執行する場合
i.金融商品取引所市場等での執行をご指定された場合は、お客様からいただいた上場株券等の売買注文が、次のいずれかに該当する場合は、東京証券取引所(以下、「東証」といいます)へ取り次ぎます。
a)東証の売買立会時間外に受注した注文
b)寄付、引け、不成の執行条件を付している注文
c)当社が取扱いを行うSORにおいて取扱い対象外となっている銘柄に対する注文
d)有効期間指定をされている注文で、2日目以降の場合
ii.iに該当しない注文に関しては、SORを通じ、東証における価格と同じ、又は当該価格よりもお客様にとって有利な価格で注文株数の一部又は全部の約定ができると判断された場合、注文株数の一部又は全部をPTSにおいて執行いたします。各市場において価格が同じ場合は、Chi-Select、Chi-Alpha、東証の優先順位で執行いたします。
なお、注文株数のうち、PTSで約定しなかった分の数量に係る注文は東証で執行いたします。
iii.iiに定める、当社SORにおける「お客様にとって有利な価格で約定できるかの判断」とは、お客様の全注文株数に対する約定可能な単価を元に、SOR注文の受注時に東証の気配、PTSの気配を元に注文毎に判断することをいいます。
iv.i~iiiに関わらず、次に掲げる場合は、注文の一部又は全部をPTSで執行せず、東証で執行する場合があります。
a)東証で特別気配・連続約定気配となっている銘柄の場合
b)東証において板寄せが実施される場合
c)SORにおいてシステム障害が検知された場合、若しくはシステム障害が発生している恐れがあると当社が判断した場合
v.当社において取次ぐ場合は、金融商品取引所市場等の取引参加者又は会員のうち、当該金融商品取引所市場等への注文の取次について契約を締結している者(当社以外の金融商品取引業者を含みます)を経由して、当該金融商品取引所市場等に取り次ぎます。

3.当該方法を選択する理由
お客様が店頭取引を指定した場合においては、その指示に従います。お客様が金融商品取引所市場等を指定した場合においては、依然として多くの投資家の需要が集中している金融商品取引所市場に加え、近年流動性の高くなっているPTSを含めたサービスを提供することが、流動性・約定可能性・取引スピード等の面でお客様にとって合理的であると考えられるからです。
また、お客様ご自身で注文を行う際に、金融商品取引所市場とPTSの優劣を即座に判断の上、注文を行うことは難しいと想定される為、お客様ご自身で金融商品取引所とPTSを選択いただくことは行わず、当社SORにて執行市場を判断することが、お客様にとって最も合理的であると考え、上記の方法を選択しております。

4.その他
①取引約款等において特定された注文執行方法にて行う取引の場合、特定された方法で執行いたします。
②システム障害等により、やむを得ず、上記2及び4①に定める方法とは異なる方法により執行する場合がございます。その場合でも、その時点で最良の条件で執行するように努めます。
③成立した約定価格が結果的に、選択されなかった金融商品取引所市場等によって成立したであろう価格よりも有利とならない場合が生じることがあることをご了承ください。

最良執行義務は、価格のみならず、例えば、コスト、スピード、執行の確実性等さまざまな要素を総合的に勘案して執行する義務となります。したがって、価格のみに着目して事後的に最良でなかったとしても、それのみをもって最良執行義務の違反には必ずしもなりません。

なお、本方針の内容は、当社ホームページにて掲載しております。

【言葉の定義】
◆PTS(私設取引システム)
内閣総理大臣による認可を受けた金融商品取引業者が運営する私設取引システムです。当社では、チャイエックス・ジャパン株式会社の運営するチャイエックス・ジャパンPTSへ取り次ぎます。
チャイエックス・ジャパンPTSには、チャイエックス・ジャパンPTS市場(Chi-Alpha)とチャイエックス・ジャパンChi-Select市場(Chi-Select)があり、その双方に注文を取り次ぎます。

◆SOR
金融商品取引所市場、PTS等の複数の市場・システムの中から、お客様の売買注文を最良の価格で約定できると思われる市場に自動的に注文を執行するシステムをいいます。
当社ではチャイエックス・ジャパンPTSがサービスとして提供しているSORシステムを利用し、東証に上場する銘柄に関して、東証の株価と同等か又はお客様に有利な価格で売買が成立できると判断される場合に限り、PTSにその注文の一部又は全部を取次ぎます。

2020年5月
K01_103(2020.5)