システム障害時の対応

LINE証券では、システム障害が発生し、インターネット経由での取引等に支障をきたした場合、次のように対応します。

■システム障害とは
システム障害とは、当社のコンピューターシステムの不具合により、お客様から受託したご注文の執行(市場への発注)が著しく遅延、もしくは不能になった状態である、またはお客様に提示した価格が著しく市場実勢とかけ離れていると当社が判断した場合、またはお客様のお預り情報等を正しく表示できない状態をいいます。

■システム障害が生じた場合のお知らせ方法
システム障害が確認され、インターネット経由での取引に支障をきたした場合、「システム障害のお知らせ」の掲載・通知をもって、システム障害発生の連絡とします。

このお知らせは、システム障害が起こっていることを迅速にご連絡することを主旨としています。掲載時には障害の詳細が把握できていないことが予想されます。詳細については、確認が取れ次第、随時ご連絡します。

お客様への告知、お知らせ場所は、障害状況により次のいずれかにより行います。
・LINE証券TOP画面への掲載
・LINE証券お知らせ画面への掲載
・LINE証券ホームページへの掲載
・LINEのメッセージによる通知

■システム障害時における受注等について
売却注文、注文の取消し(100株から注文の場合のみ)、出金のご依頼のみ、受け付けいたします。
買付注文、注文の訂正、および入金に関しては、お受けできませんので、予めご了承ください。

1株からの売却注文・投資信託・出金と、100株からの売却注文によって、システム障害時の受注方法が異なります。

■1株からの売却注文・投資信託・出金の受注について
1.当社取引サイトにて売却注文等の操作ができない状況の場合
専用のフォームは次のURLからアクセスいただけます。
※通常時は当該フォームからの入力はできません。

2.お客様に提示した価格が著しく市場実勢とかけ離れている場合
お客様に提示した価格が著しく市場実勢とかけ離れた価格であると当社が判断した場合、以下の方針に従い処理を行います。
・原則として、その約定を取消すか、約定時の実勢価格で約定したものとして約定訂正を行うかをお客様に選択頂きます。なお、当社が指定する期限内にお客様から返答を頂けない場合は約定時の実勢価格で約定したものとして約定訂正をさせて頂きます。
・また、当社が著しく市場実勢とかけ離れて高く提示した価格で売却し、その後、お客様がその資金を使って当日に他商品を買い付けた場合に、不足金が発生し、お客様から当社が指定する期限内に当該買付約定も併せて取消したい意向があった場合、不足金額の範囲で当該買付約定の一部もしくは全部の取消しに応じることがあります。

■障害時に受注した注文の取扱いについて
システム障害時に受け付けた売却注文、出金指示に関しては、次のように処理します。

◆株式単元未満株等の売却注文について
売却注文を受け付けた当日の東京証券取引所における終値で成立させます。
但し、株数に関しては、売却可能数量の範囲内での成立とし、当該数量を超える数量を指定いただいた場合、差額の数量分の注文は無効となります。

◆投資信託の売却注文について
売却注文は、全口数の売却のみ受け付けし、金額指定や口数指定による一部売却、スイッチング注文の受付は行いません。なお、委託会社への売却連絡が間に合わなかった等の理由で受付日での売却連絡が行えなかった場合、翌日以降売却の手続きを行い、本来あるべき精算金額との差額を調整させていただきます。

なお、売却注文の当日分は14:50で締め切ります。当該時間を超えた場合には、翌営業日の9:00より売却注文の受付を再開いたします。
注文の結果はLINEのメッセージ等でお知らせいたします。

<ご注意事項>
・システム障害復旧後に、ご自身で同一銘柄を売却された場合は、こちらのフォームでの当該銘柄の注文をすべて無効とさせていただきます。
・フォームから複数回にわたって、同一銘柄の売却申請が行われた場合は、最後に受け付けた注文のみ有効とさせていただきます。
・注文いただいた銘柄の株数が保有株数を上回る場合は、当該銘柄の保有株数を上限に売却を行います。
・お客様情報に誤りがある場合は、正確な本人確認が行えないため、注文を無効とさせていただきます。
・売却銘柄に終値がない場合、その銘柄の注文は不成立となり失効します。
・投資信託の注文について、受付日時点での売却連絡が行えなかった場合において、翌日以降売却の手続きを行いますが、その手続き中に注文のキャンセルとお客様が行った場合、本来の受付日の注文を取消したものとして取扱います。

◆出金指示について
受け付けた翌営業日付以降順次専用フォームにてご指定いただいた本人名義口座に、出金可能額の範囲内で振込みいたします。
出金の結果は、システム障害復旧後にLINE証券のサービス画面でご確認いただくか、出金先金融機関でご確認ください。
なお、出金指示は16:00で締め切ります。当該時間を超えた場合には、翌営業日の9:00より出金指示の受付を再開いたします。

<ご注意事項>
・LINE証券の口座名義と出金先の銀行口座の口座名義は一致している必要があります。
・申請いただいた出金金額が現金残高を上回る場合は、申請は無効となります。
・お客様情報に誤りがある場合、また、出金先の銀行口座に誤りがある場合は、申請は無効となります。

■100株からの売却注文の受注について
1.当社取引サイトにて注文等の操作ができない状況の場合
お電話にて注文を受け付けいたします。
お電話番号や受け付け時間など、詳細については、「システム障害が生じた場合のお知らせ方法」の中で、併せて掲載いたします。

<ご注意事項>
システム障害発生時には、多くのお客様にお問い合わせ頂くことが予想され、一時的にお電話が繋がりにくくなることが予想されます。また、システム障害の内容によっては、お客様のご本人確認や、お取引状況を確認できず、注文を受け付けることができない可能性がございます。これらの点について、予めご了承頂きますようお願いいたします。

2.システム障害が発生する前に受注した注文を、正常に市場へ執行できなかった場合
お客様より受注した注文について、システム障害の影響により、正常に執行できなかった場合には、受注時刻、発注時刻と東京証券取引所における値動きを照合し、必要に応じて、本来約定すべきであった価格(以下「適正な価格」と言います。)で約定処理、約定取消、約定訂正、差額入金処理等の対応を行います。なお、受注から市場へ執行(市場へ発注)まで5分以上かかった注文を執行遅延とし、以下の対応を行う対象といたします。
※5分間という時間は、当社のサーバーにおける計測時間となります。

◆本来約定すべき価格・数量と異なる内容で約定した場合
お客様が不利となった場合のみ、適正な価格・数量での約定訂正、または差額入金処理等を行います。

◆本来約定すべき注文が約定しなかった場合
お客様にご連絡の上、意思確認をさせていただきます。約定を希望される場合、適正な価格・数量での約定処理を行います。約定を希望されない場合、または、期日までの意思確認を頂けない場合には、対応を行いません。

◆本来約定すべきでなかった注文が約定した場合
お客様にご連絡の上、意思確認をさせていただきます。取消を希望される場合、約定を取り消します。既に反対売買等が行われており、且つお客様が不利となった場合には、約定取消に代えて、差額入金処理等を行います。取消を希望されない場合、または、期日までの意思確認を頂けない場合には、対応を行いません。

■当社の免責となる事項について
お客様のパソコン、携帯電話(スマートフォン、タブレットを含む)等の不具合や通信回線の障害等は対象には含まれません。

機会損失(例:お客さまが注文する機会を逸したことにより、本来であれば得られたであろう利益を逸した 等)においては、当社として受注行為がないことから価格の確定ができず、損失額の確定ができません。したがいまして、このような機会損失については損失を補填することができませんので、あらかじめご了承ください。

2020年5月
K01_250(2020.5)