マネー・ローンダリング及びテロ資金供与の防止に関する基本方針

 

 

当社は、貸金業者として、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与を防止する必要性を強く認識し、犯罪による収益の移転防止に関する法律をはじめとする関係法令等を遵守すべく、以下の態勢を構築します。


 

1 リスクベース・アプローチの実施

当社は、自らが直面するマネー・ローンダリング及びテロ資金供与のリスクを適切に特定・評価し、リスクに見合った低減措置を講じます。

 

2 取引時確認等の実施及び継続的な顧客管理

当社は、法令等に従い、適切に取引時確認を実施するとともに、各種制裁リストに基づくフィルタリングを実施します。また、継続的な取引モニタリング等を通じ、顧客属性等に基づくリスクを把握し、リスクに応じた顧客管理を行います。

 

3 疑わしい取引の届出及び届出内容の分析

当社は、顧客属性や取引時の状況等の情報を勘案し、疑わしい取引の検知ルールを作成し、これに基づく取引モニタリングを実施します。疑わしい取引を検知した場合には、法令等に基づき、当局に対し、速やかに届出を行います。また、疑わしい取引の届出内容を分析し、検知ルールの見直しを行うとともに、顧客属性や取引形態等に対するリスク評価の見直しを実施します。

 

4 経営陣の関与

当社は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止を経営戦略等における重要な課題の一つとして位置づけ、経営陣がリスクを正しく認識するとともに、態勢整備や有効なリスク低減策の策定・実施等につき、主体的かつ積極的に関与します。

 

5 統括管理責任者

当社は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止対策を担当する統括管理責任者を任命し、マネー・ローンダリングに関する情報を同責任者に集約するとともに、同責任者の指揮の下、マネー・ローンダリング防止のための措置を組織的かつ的確に実施します。

 

6 役職員の知識習得・意識向上

当社は、研修等を通じ、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止に関する役職員の知識習得、意識向上を図ります。

 

7 グループベースの管理態勢

当社は、LINE グループに属する他の特定事業者等と協働し、グループ全体として上記各方針の実現に努めます。

 

 

2021年12月1日 制定